みんなの知らない同人誌の世界

同人誌と聞くと、オタクの本や大人向けのものを想像してしまいがちです。

しかし、本当は多岐に渡って取材をしたことをまとめた本や、漫画家を目指している人たちが描いたプロのようなアマチュアが出している本など、いくつものジャンルがあります。

今回は取材タイプの同人誌についてちょっとだけ知ってみようと思います。

取材タイプの同人誌は、スイーツや旅行記、体験記など多様な種類があります。

特に食や旅行などについては、アマチュアのガイドブックみたいなもので、地域によってはご当地の同人誌があります。

穴場や地元情報などは、もしかしたら地方の同人誌の方が充実した情報量かもしれないです。

また自分の好きなものを好きなだけ書けるとあって、近年注目されているジャンルでもあります。

一方体験記は、その人が体験した稀な出来事だけではなく日常の笑えるようなエッセイもあります。

例えば体験記であれば、職業体験記なんかもあるんです。

自分の体験した職業で出会った様々な出来事やハプニング、風習などを風刺してもよし、面白くギャグ漫画にするもよし、

フィクションとして扱えばある程度誇張して描くもよしです。

なので、作家さんに「どんな作品ですか?」と聞いてみるのも面白いところです。

エッセイはまた角度が違っており、日常の事を色々と自由に書けるのです。詩にするもよし、絵にするもよしです。

意外と身近に感じてきたところで、自分でも本を出してみませんか?

最近は様々な印刷所で少部数印刷サービスを始めたところも増えてきました。

特殊な用紙に特殊な裁断もあるので、自分だけの一冊が制作しやすくなっています。

ぜひ、このブログを参考に一冊作ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA