イベントで、まさかの出会い

同人をしていても、なかなか同じ趣味の人と知り合う機会ってないんですよね。

Twitterとか、Facebookとかで探せば良いんじゃ?と、思われるかもしれませんが、なかなか見つからないんですよ。

確かに、同士は見つかるんですけど、遠距離だったり、職業が違うから、地元のイベントなんかにはいけないし、自分の趣味を職場では、話せないんですよね。

なんか、子供っぽいって思われたくなかったし、言うタイミングもなくて。

そんな時に、地元で好きな作品のイベントがあったので、一人で出掛けたんです。

会場はかなり混んでいて、前に進むだけでも大変だったんです。

辺りをキョロキョロしていたら、なんだか見覚えのある人がいるんです。

まさかの先輩でした!

いつも女子力が高くて、女子社員の憧れの的でした。

私も緊張してしまい、あまり話す事も出来なかった人なんです。

その先輩が、まさかイベントにいるなんて!

私は、恐る恐る声をかけてみました。

と、振り向いた先輩も驚いたような顔をしていました。

それから、二人でイベントを満喫して、大盛り上がりしました。

「私も、なかなか言えなかったの」

恥ずかしそうに言う先輩は、失礼と思いましたが、どこか可愛く見えました。

そして、先輩からは、「友達になろう」と、言ってもらえました。

私なんかで良いのかと思ったんですが、先輩は作品を語り合える同士が欲しかったんだそうです。

それからというもの、先輩と私は休憩時間はいつも好きな作品の事で盛り上がっています。

同期の子達からは、かなり羨ましがられています。

同じ作品を好きでなかったら、先輩と友人になるなんて事は出来なかったと思うので、とても不思議な気持ちです。

1つの作品で、こうして輪は広がっていくんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA