悩ましい、紙の選択

15年ほど同人活動をしている私ですが、あまり本文の用紙について、考えていませんでした。

なぜなら「上質紙90キロ」があれば、何も要らないと思っていたからです。

真っ白でツルツル、厚くしっかりした、まさに上質紙。

漫画でも小説でも、くっきりキレイに印刷されるし……。

他の紙なんて、使わなくて良いとずっと思っていました。

それが変わったのは、去年100ページの、少し厚い個人誌を発行してからです。

本文用紙が重いせいか、一部の本で開き癖がつくという問題が……!

せっかく作っても、そんな状態の本を領布する訳にはいきません。

一体、なぜなのか。

友人に訊いたら、紙のせいでは?

と言われて、目からウロコでした。

確かに!

薄い本ならまだしも、厚い本には向かないのかも。

また厚い本を出す予定があったので、他の人の本の用紙を観察するようにしました。

そうすると、今まで気にしていなかったけれど、意外とフカフカした手触りの紙が多いことに気付きました。

見た目はキレイな白だけど、柔らかくて軽い。

特にアンソロジーなど、100ページ越えの本は……相当な重さになってしまいますから。

私は次に厚い本を出す時に、違う種類の80キロの紙を選択しました。

その分、表紙の紙は180キロから、220キロへ変更。

しっかり中身を守って欲しいからです。

そして出来上がった本は、厚いのに重くない、軽い仕上がりでした。

中のページに触ると、フカッと優しい、雑誌のような手触りです。

「もっと早く、これにすれば良かった!」

と、後悔しました。

何というか、やさしい感触です。

それでいて、見た目も白くてキレイだし。

これからは、44ページほどの本にも、同じ用紙を選ぶつもりです。

本文も、表紙も。

ちなみに、遊び紙は黒い一択です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA