昔の反省を糧に、早割入稿。

私は以前は、時間にルーズでした。

もちろん、同人に関しても。

むしろ、ギリギリにやってこそ同人活動というような、誤ったイメージを持っていました。

始めるのが遅いから、もちろんギリギリ入稿。

悪い時には、割り増し料金で印刷を頼んだりして。

でも、実生活で早め行動にして、同人でも余裕を持って描くようになりました。

なぜなら、せっかちで心配性になったのが大きいです。

早め早めで、イベントの1ヶ月前入稿を目標に描くようになりました。

あと、イベント当日に本が届かなかったら、どうしよう……と!

実際、まれにそういうことがあると聞きました。

ただし、極悪ギリギリ入稿だと、向こうも大変で手違いがあったり、搬入間違いが起きるのも分かります。

イベント前の繁忙期は、地獄のような忙しさでしょうし。

ならば早めの閑散期ならば、印刷も搬入も丁寧にやって頂けるのでは……。

もし何か手違いがあっても、日数に余裕があれば、取り返しがつきます。

実際一度、私のミスで左とじ入稿で申し込みしたことがありました。

幸い間違いが発覚し、追加料金を払って、やり直して頂くことが出来ました。

追加の6千円は痛いけど、心血注いだ新刊が机に無いほうが、もっと辛いです。

自分自身のミスですし……あれも、イベント3日前入稿だったら、間に合わなかったでしょうし。

また搬入ミスが怖いので、私は一度自宅へ届けて貰い、自分で既刊と合わせて発送します。

そうすれば、ゆっくり新刊の内容チェックが出来ます。

それに何冊か手持ち搬入すれば、荷物が届かなくても最悪、数冊は並べられます。

実際、一度それで助かりました(荷物受け取り時間に間に合わず)。

何事も、早めが一番。

印刷所の方の為にも、自分の為にも。

これからも、早め入稿を心がけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA